2009年11月28日

【Statement of Solidarity from the University of the Ryukyus in Okinawa】 【連帯声明】

【Statement of Solidarity from the University of the Ryukyus in Okinawa】

WE stand in solidarity today with the students, staff, and faculty members at the University of California campuses who have been occupying campus buildings in protest of the 32% fee increase, budget cut, laying off of the workers, and loss of quality public education and those who are engaged in the similar struggle at Michigan State University. Your movement not only makes visible the demand that the public university be valued and maintained as an important site in society for the redistribution of wealth and privilege. The occupations of the buildings at UC Davis, Berkeley, Santa Cruz, and San Francisco State University--along with other acts engaged in solidarity--have proved that the students can free time and space in the midst of today's corporate university. It is the time and space stolen from that university that matters, the kind of university that is so bent upon making profits while sacrificing our desire to learn and think, exploiting its workers, especially the vulnerable ones such as the non-tenured faculty members and the non-teaching workers on campus, and, worse still, demanding that its students must pay money for the kind of education that teaches us to be a "competitive labor," a euphemism for a calculative, lonely individual subjected to the forces of capital and shackled to student loans. In many ways, if we may quote from the Zapatistas, we are you here in Okinawa. Our budget has been cut annually, our part-time language teachers lost their jobs or teaching hours, our curriculum began to include classes on job search, job interviews, and invididual psychological health. "Hell no," ("jodan ja nai" in Japanese or "yukushi" in Okinawan) has been our response, so we pitched tents on campus last winter to make visible the same tension, to steal time and space on this island. It is in this spirit that we show our support and solidarity to the students, faculty, and staff members at the UC and Michigan State University.
You and we are the beginnings!
November 27, 2009
Concerned Students at the University of the Ryukyus
Project Disagree


【連帯声明】

私たちはカリフォルニア大学における32パーセントの授業料値上げ、予算削減、職員の解雇、そして公的教育の質の低下に反対して大学の建物を占拠している学生、教員、職員の人々、さらには同様の闘いを行っているミシガン州立大学の人々に連帯と賛同を表明します。あなたがたのムーブメントは公的大学は富と特権の再分配のために不可欠な場として維持されねばならないという要求以上の事柄を可視化しました。UCデービス、バークレー、サンタクルーズ、そしてサンフランシスコ州立大学での建物の占拠が証明したのは、「学生」は現在の企業化された大学の只中で時間と空間を解放できるということです。それは学んだり思考したりする学生の欲望を犠牲にながら収益を上げ、非常勤教員や学内の様々な労働に従事する人々といった弱い労働者を集中的に搾取し、そしてさらには我々が「競争力のある労働力」となるために金を払わなくてはいけないような、そんな大学です。後者はもちろん、学生ローンと市場の趨勢にむき出しにされた孤独かつ計算的な個人を指す隠語にすぎません。実は様々な面において、サパティスタを引用してよいならば、"we are you"私たちはあなた方なのです。私たちはこの大学にて毎年予算を削減されつづけ、非常勤の語学講師は職または労働時間を失い、そして我々のカリキュラムには就職セミナー、面接スキル、個人のメンタル・ヘルスなどが導入されています。「冗談じゃない」、「ゆくし」と思いました。だから昨年の冬以降キャンパスにテントを張り、我々もおなじ社会問題を可視化するために、この島で時間と空間を取り戻すためにがんばっています。この精神に則りカリフォルニア大学とミシガン州立大学の学生、教員、職員の方たちに連帯します。我々とあなた方は無数の
始まりです!

るー大生有志
合意してないプロジェクト
posted by ルーちゃん at 20:04| 沖縄 ☁| Comment(2) | 声明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Statement of Solidarity from Michigan State University

In deep appreciation and support of the statement by students at the University of the Ryukyus and the Project Disagree (http://loudaisei.seesaa.net/article/134161604.html), we, concerned students of Michigan State University, stand in solidarity with you and our comrades at the university campuses in California, who are in constant struggle against budget cuts and other related restructuring. California ranks highest in terms of tuition hikes, elimination of programs and departments, termination of lecturers and adjunct faculty followed by Michigan. At Michigan State University the elimination of various programs and departments is quite quizzical given the very profitability of the aforementioned in your statement. In the current state of higher education that is in the hands of bureaucrats “restructuring” institutions of higher learning, we never get fooled by jargon replacing “reform,” “downsizing,” and “streamlining.” Administrators, in the name of “transparency,” regulate voices of dissent to public comment, while those in power “listen” to us while talking on cellphones or falling asleep. Don’t be fooled by this gesture of “inclusion.” The message is clear. We see through the bullshit and know the administration’s plan to axe all non-tenure, adjunct, and graduate assistant lines to maximize profits.

This is precisely why we have been engaged in on-/off-campus demonstrations, picketing, and town hall meetings, to create time and space to counter such outrageous decisions made by the corporate-minded administration. In Michigan, we are not alone in our struggle. To oppose their own universities’ restructuring plans, as well as the state of Michigan’s recent legislative decision to cut an unprecedented 61% budget for higher education and to discontinue the $140 million Michigan Promise Scholarship that has been aiding a tremendous number of in-state students; concerned students at such universities as Wayne State, Central Michigan, Eastern Michigan, and the University of Michigan have been conducting similar struggles in solidarity all over the state. We have been building coalitions with each other, and we will continue to do so by uniting with people in California, Okinawa, and elsewhere. What we are facing now is not only a nationwide crisis but also a worldwide crisis of losing quality higher education. We must act right here, right now, to raise our united voices of protest.

November 30, 2009

Concerned Students at Michigan State University
Gabriela Alcázar
Clinton MacKenzie Brauer
Darren Lee Brown
Jesse Draper
Xavier Gonzalez
Sam Inglot
Anthony Jurayj
Kevin Lynch
Ernesto Todd Mireles
Fumiko Sakashita
Morgan Shipley
Lila Mo Wakeman

私たちミシガン州立大学学生有志は、琉球大学学生有志および合意してないプロジェクトによる声明文 (http://loudaisei.seesaa.net/article/134161604.html)に深い謝意と賛同を示し、経費削減やその他の大学再編との闘いのただなかにいるあなたがたとカリフォルニア州各地の大学の同志との連帯を表明します。カリフォルニア州とミシガン州は、授業料値上げ、学部・学科廃止、専任・非常勤教員の解雇において全米で一、二位を占めています。あなたがたが声明の中で指摘している収益性そのものを考えると、ミシガン州立大学における様々な学部・学科の廃止はきわめて不審なものです。大学教育の現状が高等教育機関を「再編」する官僚主義者たちに委ねられる中で、「改革」「縮小」「合理化」などの用語にすり替えられる専門用語に私たちは惑わされない。大学の経営陣は「(手続きの)透明性」という名目をかざしながら反対者の意見を取り締まり、その一方で上層部は携帯を片手に、あるいは居眠りをしながら私たちの話を「聴く」のです。このような見せかけの「組み入れ」の態度に騙されてはいけない。その意味するところは明らかです。任期付教員、非常勤教員、大学院生のあらゆる教職を奪って最大限の利益を上げようとする経営陣のもくろみが、このようなたわごとを通して私たちには見えているのです。
だからこそ私たちは学内外でデモやピケ、集会を重ね、大学の企業化に専心する経営陣の傍若無人な決定に抵抗する時間と空間を創り出してきました。ミシガンにおける私たちの闘いは単独のものではありません。ウェイン州立大学、セントラル・ミシガン大学、イースタン・ミシガン大学、ミシガン大学などの学生有志が、それぞれの大学再編案に異議をとなえ、ミシガン州議会による空前の高等教育予算61%削減決議と、膨大な数のミシガン州出身学生を援助してきた総額1億4千万ドルのミシガン・プロミス奨学金の廃止決議に反対するべく、州のいたるところで連帯し、同様の闘いを続けています。私たちはお互いに連携を重ねてきました。そしてこれからも、カリフォルニア、沖縄、その他の地域の人々と団結することで、連携を続けていくつもりです。私たちが今直面しているのは、質の高い大学教育を失うという、一国内だけではなく世界規模の危機なのです。団結した抗議の声を上げるために、私たちはここで、今すぐ行動しなければならないのです。
2009年11月30日
ミシガン州立大学学生有志
ガブリエラ・アルカザー
クリントン・マッケンジー・ブラウアー
ダレン・リー・ブラウン
ジェシー・ドレイパー
ハヴィエール・ゴンザレス
サム・イングロット
アンソニー・ジュレイジ
ケヴィン・リンチ
アーネスト・タッド・ミラレス
坂下史子 
モーガン・シプリー
ライラ・モー・ウェイクマン
Posted by eprairie at 2009年12月02日 15:39
ミシガン州立大学の有志で声明を出しました。ご一読くだされば幸いです。

Statement of Solidarity from Michigan State University

In deep appreciation and support of the statement by students at the University of the Ryukyus and the Project Disagree, we, concerned students of Michigan State University, stand in solidarity with you and our comrades at the university campuses in California, who are in constant struggle against budget cuts and other related restructuring. California ranks highest in terms of tuition hikes, elimination of programs and departments, termination of lecturers and adjunct faculty followed by Michigan. At Michigan State University the elimination of various programs and departments is quite quizzical given the very profitability of the aforementioned in your statement. In the current state of higher education that is in the hands of bureaucrats “restructuring” institutions of higher learning, we never get fooled by jargon replacing “reform,” “downsizing,” and “streamlining.” Administrators, in the name of “transparency,” regulate voices of dissent to public comment, while those in power “listen” to us while talking on cellphones or falling asleep. Don’t be fooled by this gesture of “inclusion.” The message is clear. We see through the bullshit and know the administration’s plan to axe all non-tenure, adjunct, and graduate assistant lines to maximize profits.

This is precisely why we have been engaged in on-/off-campus demonstrations, picketing, and town hall meetings, to create time and space to counter such outrageous decisions made by the corporate-minded administration. In Michigan, we are not alone in our struggle. To oppose their own universities’ restructuring plans, as well as the state of Michigan’s recent legislative decision to cut an unprecedented 61% budget for higher education and to discontinue the $140 million Michigan Promise Scholarship that has been aiding a tremendous number of in-state students; concerned students at such universities as Wayne State, Central Michigan, Eastern Michigan, and the University of Michigan have been conducting similar struggles in solidarity all over the state. We have been building coalitions with each other, and we will continue to do so by uniting with people in California, Okinawa, and elsewhere. What we are facing now is not only a nationwide crisis but also a worldwide crisis of losing quality higher education. We must act right here, right now, to raise our united voices of protest.

November 30, 2009

Concerned Students at Michigan State University
Gabriela Alcazar
Clinton MacKenzie Brauer
Darren Lee Brown
Jesse Draper
Xavier Gonzalez
Sam Inglot
Anthony Jurayj
Kevin Lynch
Ernesto Todd Mireles
Fumiko Sakashita
Morgan Shipley
Lila Mo Wakeman

私たちミシガン州立大学学生有志は、琉球大学学生有志および合意してないプロジェクトによる声明文に深い謝意と賛同を示し、経費削減やその他の大学再編との闘いのただなかにいるあなたがたとカリフォルニア州各地の大学の同志との連帯を表明します。カリフォルニア州とミシガン州は、授業料値上げ、学部・学科廃止、専任・非常勤教員の解雇において全米で一、二位を占めています。あなたがたが声明の中で指摘している収益性そのものを考えると、ミシガン州立大学における様々な学部・学科の廃止はきわめて不審なものです。大学教育の現状が高等教育機関を「再編」する官僚主義者たちに委ねられる中で、「改革」「縮小」「合理化」などの用語にすり替えられる専門用語に私たちは惑わされない。大学の経営陣は「(手続きの)透明性」という名目をかざしながら反対者の意見を取り締まり、その一方で上層部は携帯を片手に、あるいは居眠りをしながら私たちの話を「聴く」のです。このような見せかけの「組み入れ」の態度に騙されてはいけない。その意味するところは明らかです。任期付教員、非常勤教員、大学院生のあらゆる教職を奪って最大限の利益を上げようとする経営陣のもくろみが、このようなたわごとを通して私たちには見えているのです。

だからこそ私たちは学内外でデモやピケ、集会を重ね、大学の企業化に専心する経営陣の傍若無人な決定に抵抗する時間と空間を創り出してきました。ミシガンにおける私たちの闘いは単独のものではありません。ウェイン州立大学、セントラル・ミシガン大学、イースタン・ミシガン大学、ミシガン大学などの学生有志が、それぞれの大学再編案に異議をとなえ、ミシガン州議会による空前の高等教育予算61%削減決議と、膨大な数のミシガン州出身学生を援助してきた総額1億4千万ドルのミシガン・プロミス奨学金の廃止決議に反対するべく、州のいたるところで連帯し、同様の闘いを続けています。私たちはお互いに連携を重ねてきました。そしてこれからも、カリフォルニア、沖縄、その他の地域の人々と団結することで、連携を続けていくつもりです。私たちが今直面しているのは、質の高い大学教育を失うという、一国内だけではなく世界規模の危機なのです。団結した抗議の声を上げるために、私たちはここで、今すぐ行動しなければならないのです。

2009年11月30日

ミシガン州立大学学生有志
ガブリエラ・アルカザー
クリントン・マッケンジー・ブラウアー
ダレン・リー・ブラウン
ジェシー・ドレイパー
ハヴィエール・ゴンザレス
サム・イングロット
アンソニー・ジュレイジ
ケヴィン・リンチ
アーネスト・タッド・ミラレス
坂下史子 
モーガン・シプリー
ライラ・モー・ウェイクマン
Posted by eprairie at 2009年12月02日 15:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。