2009年03月10日

座り込みと支援のお願い

座り込みと支援のお願い


 現在、琉球大学では、非常勤講師の大幅な削減とそれに伴う外国語科目のコマ数削減がその根拠や必要性が十分な議論もされないまま、今年の四月から新入生を対象として強行されようとしています。これに対し私たち学生は強い危機感を持ち、二度にわたり琉球大学当局に対話を要求してきました。しかし大学当局は、一度目は文書による拒否、二度目は回答すらせず、学生との話し合いの場を設けないという愚行を重ねました。

 そこで私たちは、正義、自由、権利、抵抗を学んできた学生として、大学当局の暴挙に黙することに抵抗するために占拠を実行しました。沖縄の歴史を振り返ると、座り込みという占拠の一つのかたちもまた、抵抗のアクションとして行われてきたことがわかります。座り込みは、戦後の沖縄において民衆により担われたラディカルな「自己決定」の作法として現在まで脈々と受け継がれてきました。座り込みは、圧倒的な軍事力に対し、人々がそれぞれのより良い未来のための話し合いの場を直接的に求めるための手段として、沖縄に脈々と根付いてきました。私たちは、沖縄における抵抗の歴史に学び、座り込みという抵抗のアクションによって新カリキュラム廃止を訴えます。

 今回の占拠は、話し合いを絶えず拒む大学当局の姿勢を前にして、どうしても争点と向かい合わなければならない状況を作り出すためのものです。この喫緊の事態において今回の占拠は、もはや新カリキュラムに対する批判を大学当局が無視し続けることができないよう、争点を劇的に盛り上げようとするものです。あらゆることが学生のために行われるべきである大学において、大学が学生の言葉に全く耳を傾けない危機的事態を打破しなければなりません。

 また、今回の事態は、琉球大学の学生と非常勤講師のみの問題に留まりません。この占拠は琉球大学のネオリベラル化とそれに伴う教育の貧困化といった、個別的な状況へのレスポンスとしてはじまりましたが、今回の問題は、大学自治の崩壊、大学の教育放棄、沖縄県の教育の危機、雇用問題といったより広い射程を持つはずです。

 この問題は主体が、学生や非常勤講師だけではないことを示しています。新カリキュラムが何の根拠もなく成り立っており、誰のためにもならないことはこれまでの経緯を見ても明らかです。しかし、あらゆるハラスメントが横行する琉球大学で、学生が新カリキュラム廃止の意志を表明することは少なからず恐怖を伴い、それが常態化している状況です。選任教員の大半は沈黙し、共なるものを作るにも難しいこの事態において皆様の支援を切に願うことでしか希望が持てない非常に切迫した状況なのです。

 新カリキュラム廃止に向けてどうか、共闘して下さい。座り込みの参加、teach in、差し入れ、メディアでの発言、なんでも結構です。皆さまのご支援・ご参加を心よりお待ちしております。

                      琉球大学学生有志一同
posted by るー3号 at 01:07| 沖縄 ☔| Comment(9) | 声明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
全面的に支持します。
Posted by 矢部史郎 at 2009年03月13日 11:39
札幌から、
話し合って、
より良い魅力的な大学を!
Posted by 後木一哉 at 2009年03月16日 00:50
学生の声を反映しない教育などありえません!全面支持です。
Posted by 藤原団 at 2009年03月17日 16:27
みなさんの<学びたい>という思いにねざした今回の行動に、心より連帯します。

Posted by 松本麻里 at 2009年03月17日 17:31
支持させていただきます。
何よりも皆さんの行動に勇気づけられます。
がんばろう!
(ご飯おいしそうです)
Posted by 入江公康 at 2009年03月19日 05:28
 雪の舞う東北からも、皆さんの行動を支持します。
 差し入れしたいけれど、東北のお漬け物なんて口に合うかしら?
 頑張って。
Posted by 小林貴宏 at 2009年03月29日 17:37
コメントありがとうございます。
漬け物食べたいなぁ。
お茶うけにぴったりだ。
Posted by るぅちゃん at 2009年03月29日 23:44
私は、新自由主義的大学「改革」から来る、> サークル活動規制に抗議する演説を自分の大 学構内で行い、大学当局によって警察に引き 渡された、早稲田大学生です。(hp⇒http://waseda080401.web.fc2.com/)
> 私達も、この不当逮捕の謝罪を要求する活動を、粘り強く続けています。
> 私の郷里の沖縄の大学でも、同種の大学再 編に対する闘いが行われていることを知り、 勇気付けられました。
> 遠く離れていても、心は一つ。
> グローバルな新自由主義に、インターナショナルな連帯で闘っていきましょう!
>
> 大城慧之(2008年4月1日早稲田大学入学式不当逮捕抗議署名事務局)
>
Posted by 大城(早稲田大学入学式不当逮捕抗議署名事務局) at 2009年04月25日 15:30
頑張ってください。
応援しています。
Posted by 和光大学生有志 at 2009年06月13日 23:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。