2009年04月30日

昨日のけふ

楽しい時間はあっという間に過ぎていくものですね。
昨日の報告をアップしようとこのブログを覗いたら、なんとブラックリストの会の集会に東京に行ったM三匹のうちの一匹からの報告文が載ってました。


てことで、ここではPからの昨日の報告を簡単にしたいと思います。

昨日の、第一回ユンタクインは、端的に言って非常に美味しかっ・・・・・・いやいや、非常に知的好奇心を刺激されるすてきなユンタクインになりました。

まずは、新城さんからの沖縄大学で起こった学生運動を挙げながらその学生運動が今回のルー大生の占拠にどこか繋がっているのではないか、という問題提起からはじまり、それを引き継ぎつつの、もちもちのきからの「すきまVOL2」の新城さんの論考に書かれていた「彼ら/彼女ら」ということばに読み取れてしまう、分断・応答責任といった問題提起。そして井上さんからの、ビル・レディングスが示す可能性についての考察までも・・・。(ここに書かれている内容をより知るためにも、是非これまでのブログの内容や「すきま」を参照しましょう♪)
と、こんな話をしつつも、K子さんの「ケチャップ理論」「提灯理論」「ゴキブリ理論」「妄想エンジン」というステキなたとえ話が飛び出して!!(これは、あくまで私の所感です。昨日たくさんお話をしてくれた方々へ。このコメントで書かれていることが適切でない場合は、お手数ですが、コメント欄より、ご連絡ください〜)

なんか、今改めて文字にして、たった5時間程度でなんたる濃度でおしゃべりしてるんだ、と驚いてしまったくらい、特濃の時間を過ごしました。
4月とはいえ、夜は結構冷えます。しかもルー大は呪われているんじゃあるまいかと思うくらい、めちゃくちゃ寒い。
それでも、みんな夢中になってこのユンタクインに参加していました。すごい集中力。



今や粉塵以下のルー大ですが、その粉塵の下では、元気にルー大生たちが、騒いでます。これから、毎月不定期にちょこちょこ行う予定のユンタクインでも、こうしてゲストを呼びながら熱中時間があの場所で繰り広げられていく予定です。

ゼヒゼヒ次回は皆様お誘い合わせの上、いらしてください。



writed by P

posted by ルーちゃん at 22:09| 沖縄 ☀| Comment(1) | ルー大生の近況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ルー大生東京体験記

ルー大生Mトリオは25日(先週土曜)にブラックブラザーズにお呼ばれされ、「奨学金がローンってありなのか?Global Week of Action2009!! 教育を取り戻せ」(ブラックリストの会in東京主催)にパネリストとして参加してまいりました。
CIMG0083.JPG
奨学金がブラックリスト化って、あり得ないでしょ。scholarshipは決してloanではありません。
大学は、決してデパートではありません。
大学は、決してデパートではありません(大事なので2回言いました)。
おかしいこと、イヤなことにはNO!と叫ばずにはいられないルーちゃんたちは今回の占拠のこと、「大学」のこと、奨学金のことについてパネリストなのにプチ座談会を繰り広げ、結論はないと開口一番宣言したとおりあれやこれやしゃべってきました。
司会者もパネリストもバラエティーに富んでいて、歌舞伎役者のような現役非常勤講師や奨学金の返済をもうやめるかもしれない書店員、近未来のブラックリスト候補の学生etc...などなど、刺激的なお話が多々ありました。みんながみんな返済をやめてブラックリストになってしまうことが奨学金をscholarshipにするためには必要だという意見には納得。
そしてみんなが学費を払わなければ学費もただに!うんうん、それがいい。学費は払わず返済もしない。当り前のことなんだけどなあ。
ともあれ、はるばる海を越えてやってきたルーちゃん二人のために会場でカンパを呼びかけてくれたブラックブラザーズとカンパをしてくれた会場の皆様には本当に感謝しています。東京の人も(一部は)優しい!ということが分かり東京の冷えたイメージがぼくのなかでいくらか払拭されました。本当にありがとうございました。

それにしてもW大はオフィスと見紛うほどに校舎が立派!加えてあんな上等な机や椅子はルー大ではお目にかかれません。さすが早稲田(ぁ
お目にしたらキレますけどね。
posted by ルーちゃん at 18:31| 沖縄 ☀| Comment(0) | ルー大生の近況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

そして、るぅちゃんたちが

20090429182102.jpg
再び集まって来ました。まずは、テントを建ててみましょうねー。
posted by ルーちゃん at 18:53| 沖縄 ☀| Comment(0) | ルー大生の近況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

よし

20090429170549.jpg20090429170106.jpgおむすびも出来た。ふかしジャガイモも出来た。あとは今夜のパネルとメンバーを待つばかり。
posted by ルーちゃん at 17:08| 沖縄 ☀| Comment(0) | 占拠メシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

暖かな日の下で

真剣に話を聞くるーちゃんたち。

CA330053.JPG

河村さんがわかりやすく説明してもらっても、辺野古アセスで何が起こっているのか、わかるのは、行政の怠慢ぐらい・・・

ってか!!こんなん市民に説明させちゃあかんでしょ!!

誰のやるべきことなのかわかってるのっ!?

と、怒りたい気持ちでいっぱいいっぱいなのでさぁ〜


posted by ルーちゃん at 16:40| 沖縄 ☀| Comment(0) | ルー大生の近況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日も元気に

飯作り(^_-)

やはり、占拠といえばメシでしょう!!

ということで、今日の主菜は鶏汁汁〜

楽しみ楽しみ〜

そこのかしこで、この日記を見た君〜

是非是非いらっしゃいませよ〜食べましょうなりなり(^o^)

CA330051.JPG
posted by ルーちゃん at 15:40| 沖縄 ☀| Comment(0) | ルー大生の近況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

明日のユンタクイン追加情報

★「辺野古アセス意見書カキコデスク」がやって来ます★
15:00-17:00(雨天の場合は中止)
1)「これじゃ意見書書けないよ〜」という意見 (これも大事な意見なのです!)を書いてもらうためのレクチャー
河村雅美 (30分)
★防衛局の準備書の市民への閲覧方法、説明会の方法を、実際のブツやDVDを用いて説明します(うわさの5400ページの準備書印刷物、背表紙インデックスつきバインダー形式の「市民のための準備書」、アセス監視団の素晴らしいDVD)。うわさの沖防説明会の様子もちょっぴり見られるかも。

2)「この調査と結論はおかしいよ〜」という意見を書いてもらうためのレクチャー
吉川秀樹(40分)
★辺野古沖からジュゴンが消えた?ジュゴンの例を用いて、「準備書」の調査、内容の問題点を説明します。

3)残りの時間は「質疑応答+意見書書けるかな」にあてる予定。


宜しくお願いしまーす!
posted by ルーちゃん at 19:35| 沖縄 ☀| Comment(0) | ルー大生の近況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

4月29日ユンタクイン

ル―画像.jpg第2回ユンタクイン@るー占拠キャンプ
とき:4月29日(お休みの日)
   晴れたらお昼すぎから占拠開始
   ユンタクイン開始は6時ごろ
   雨天・荒天のばあいユンタクインのみ6時から屋根のあるとこ
ところ:琉球大学図書館前占拠キャンプサイト
※特設ブース「辺野古アセス意見書カキコデスク」を開設。
※占拠メシあります。鳥汁その他の予定。持ち寄り歓迎、投げ銭よろしく。
※テント、シュラフなど持参歓迎。
●ティーチインとは:ベトナム反戦運動渦巻くなか、大学キャンパスで始まった学生と教員の長時間討論集会のこと、ではないかと思う。名のある教授たちが教室を出て、キャンパスで学生と差しで対話するという感じが、学生運動のもたらした成果のひとつって感じで、イイ感じだったんじゃないかと思う。
●ユンタクインとは:語学カリキュラム問題渦巻くなか、琉球大学占拠キャンプで始まった、ご飯食べながら語らう長時間宴会のこと、かもしれない。ハワード・ジンなき琉大では専任教員が頼りないことが確認され、教える=教えられる関係は変幻自在、誰もが料理当番だったりした感じも、イイ感じだったのかもしれない。大学が「大学」たらんとする歴史がここから始まった!?
(出典:Loupedia)


<話題提供>
井上まゆも
「エクセレンスの中から、後へ?
:ビル・レディングスやランシエールから」
ビル・レディングスの著作the University in Ruinsは新自由主義時代の日本やアメリカでの「エクセレンス」というイデオロギーを批判的に見るための大事な本だが、同時に彼が教室という場での対話の重要性について思考していたことはあまり知られていないような気がする。レディングスの言うような、言説を共有しないような人々同士の対話や、あとはジャック・ランシエールが言うような無知な先生と外国人の学生の間の平等な関係というのが、どのようなもので、そして実際にそれはどうすれば今の時代の大学やその外で出来るのか、または出来ないのか、考える場所にしてみたい。

新城郁夫
「沖縄と大学」
『小さな大学の大きな挑戦』で語られている沖縄戦後史に、この「やーらかい南の大学」は、いったいどんな足跡を残しえてきたのか。大学自治闘争史という切れ味鋭い刃で、るー大を切ってみると、その断面に見えてくるものは・・・(スミマセン、勝手に書きました。仮紹介文です)。

もちもちのき
「題して、沖縄ヌーマニア座談会!イェーイ◎」
沖縄だけで今回の占拠を括ることは不可能だけれども、あまりに「沖縄からの応答」は閑散としていた。何かが決定的に欠けていたと思えてならない。そこに起きていた分断の要因は何なのか。
 その点において新城郁夫のすきま通信vol2「大学をみつめるもの」は示唆的である。米軍と大学という問われるべき争点を縫い合わせる試みがなされ、さらにその先に見すえる読者に学生が見えてなかった何かをみている、ようにも思える。今回ゆんたく・インで試みるのは沖縄における「私たちの確認」である。ゆんたく・インでの無限の応答は確認と流浪の連続だ。流れながら、どのように「私たち」を縫い合わせることができるのか。みんなきてねー。

<るー大生からの応答、そしてゆんたくひんたくで夜も更けて。。。>
posted by ルーちゃん at 22:34| 沖縄 ☁| Comment(0) | ルー大生の近況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

すきま VOL2

完成しました〜

今日発行日なので、あんまり出回ってません。

ゼヒゼヒみなさま読んでみて〜グフフ。

すきま2全文.pdf
posted by ルーちゃん at 23:44| 沖縄 ☁| Comment(0) | ルー大生の近況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

「すきま」制作中◎

記事のタイトルだけみると、まるでジンの名前には見えないですが、「すきま」はルー大生がおくる、不定期のジンです。

VOL1も大好評(と、信じている)でしたが、その「すきま」のVOL2の原稿提出締め切りが昨日ざました。

その「すきま」のVOL2ですが・・・


ビッグなゲスト原稿も掲載します!!


メンバーで冗談半分で、ゲスト原稿をお願いしたい人をリストアップしてお願いしたら、



ほんとに実現しちゃった!!


で、今手元にその原稿があって、みんなにまにま・・・(^_-)
とにかく、近々また発行予定ですので、こうご期待あれ!!



「すきま」VOL2 掲載予定内容

1.占拠についてのエッセイ
2.ルー大生時系列表
3.テントに理事がやってきた!!
4.論考
5.ゲスト原稿
6.レシピ

posted by ルーちゃん at 14:45| 沖縄 ☀| Comment(0) | ルー大生の近況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。